FC2ブログ
副業で本業を超えるためのブログ
会社の副業としてアフェリエイトに挑戦する 社長のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
食生活改善
私は、結構不規則な食生活をしていると思う。

食べる時間は まちまちで 忙しい時は食事を忘れることも多い。

夜は、家で食べるより 外食が圧倒的に増えている。

お酒も 毎晩外で浴びるように飲んでいるが お酒飲むときに限って

ご飯も食べないほうだ。

こういう生活をしていると いつか病気にかかると最近思うようになってきた。

血圧の数値と糖尿病の尿酸値の数値が 少し高くなってきた。



とにかく習慣病をなくす為に 今月から行ってることは

朝ごはんと昼ごはんを決まった時間に食べる。

野菜中心にバランスよく食べ 夜のお酒は控えめにしようと考えた。

しかし これが大変で 昼食は近所の食堂から おかず二品とご飯を取るようにした。

肉系か魚系で一品と野菜などの煮物系を一品 必ずつけてもらっている。

毎日 こういう食生活にしていると 少しずつだが変化が現れた。

空腹でイライラが減って 増加傾向だった体重も少し減り始めた。

あとは 夜のお酒を控えれば もっといい数字になると思うのだが

元々 酒好きの私には 付き合いやお誘いが多すぎる。

この誘惑に勝たないと また元の生活に戻ってしまうようで怖い。

出来ることは プライベートでの飲酒は 全く止めようと考えている。

会合や懇親会は 私にはつきまとうので ここをどう乗り来るかだ。

8月から 夜 何かに打ち込めるように 努力して 生活改善を図ろうと思う。

ダイエットも兼ねた 真夏の修行が 始まった。
スポンサーサイト
高校野球
私はスポーツ 野球が一番好きで 46歳になった今も

草野球 続けている。

プロ野球は阪神タイガースのファンで年間何度も甲子園に足を運んでた。

だが今年のタイガースは とにかくつまらない。

負けても覇気がないというか ベテラン主体だと

どうしても 諦め早いのか・・・ とにかく今年は 見ないことにした。


私の子供は 娘2人で 男の子だったら野球させたいってことが

出来なかったが 遠く離れた 甥っ子が野球していて

今年 高校2年生で レギュラーを取った。

ここから 車で5時間かかる 金沢まで週末試合に行ってきた。

ベスト8をかけた 試合で結果は 1点差で負けはしたが

どちらも キビキビしたプレーで ナイスゲームだった。

甥も ヒットを打ち はつらつとプレーしていた。

スタンドから 彼を見ていると 小さい頃 日がくれるまで

キャッチボールしたのを 思い出しながら

たくましくなった 姿に笑みがこぼれた。

自分にも男の子がいたらって思いながら 来年3年生になって

よりたくましい姿見せてくれて 甲子園を目指して欲しいものだ。

プロと違って 高校野球も またいいものだ。

試合のテンポ インターバルの瞬時の交代 どれも気持ちいい。


また あの雰囲気みたくて仕事の合間に 地元の高校野球を観戦した。

暑くて 暑くて 見るほうも大変だけど やはりいい。

しばらく 高校野球の とりこになりそうな予感。

素人野球なんてと 思ってたが また球場に足を運びたいと思う。




場末の商店街
私の住む街は過疎化が進む地域です。

SBSH03581.jpg


まあ こういった話しは全国至るところにあるのだろうけど・・・

自分が小学生のころは 農業も工業もそして商店も

うまくバランス取れていたと思う。

農家では 果樹農家が多く とくにみかんの栽培が盛んで

普通に作ってれば市場に安定した値で出荷出来たと聞く。

みかん山の近くには 石油コンビナートがあり そこで働く若い世代で

商店街や飲食店が賑わい夜も活気あった。

しかし 石油工場の規模が大きくなる計画が持ち上がったころ

農家の人中心に 公害反対運動が広がりだした。

デモ行進を見た記憶もある。

その後 オイルショックも重なり 工場規模が大きくなるどころか

縮小し 他県の同系列の工場に大半が移っていった。

当然のことながら 人口が減り商店街の活気も衰退。

時代は移りかわり 大型店やスーパーで買い物が増えた。

インターネットの普及で 家にいながらの買い物も出来る時代だ。

自治体や商工関関係者が これといった施作も打てなかった今

もう末期状態である。 

活気ある目だった商売と言えば 老人相手のデイサービスや

葬儀関係の会社ばかり。

これじゃ 前には進めない。

何とか あの頃の良さを活気を少しでも取り戻せるように

今 ここで商売させてもらってる 私たち後継者が

子供たちに「この街は 楽しい」と言ってもらえるよう

努力していかなければ ならない。 


暑い毎日です
昨日は 仕事関係の会議が3時からあって 睡魔襲う中 しっかり勉強してきました。

6時から 懇親会あり参加したのですが

8時に 消防団関係の激励会なるものあって

それに間に合わすために 電車移動したのですが

JR各駅で移動するはずが 時間が間に合わず

丁度きた特急に飛び乗りました。

目的地には各駅停車に乗っても4駅目なんだけど

特急に乗って 10分で到着する距離 デッキに立ってたら

車掌がやってきて 特急券の検札でした!


あ~~~~ JR特急券いるんだった

たった10分の移動に 840円


これなら タクシーで移動したほうが よかったかも・・・



お父さんの小遣い。
今の世の中 超デフレ時代で 物は安く買えるし

外食産業でも 牛丼が300円を切る恐ろしい世の中だ。

何でも安いってことは 裏を返せば所得が減り

物が売れないから値下げ それでも売れなきゃ 売れないよりマシってことで

もうひとつ値下げ・・・

こんな繰り返しじゃ 当然 企業ももたないわけでで・・・


一方家庭においても 給料下がったとばっちりが お父さんの財布にも影響する。

ネットのニュースで見たのを引用します。

新生フィナンシャルが27日発表した『サラリーマンお小遣い調査』の2011年版によると、
毎月の小遣いの平均は3万6500円で昨年の4万600円から4100円減となり、4年連続の
減少となった。
4万円を切ったのは2004年(3万8300円)以来7年ぶり。調査初回の1979年(3万600円)、
バブル前夜の1982年(3万4200円)に次ぐ低水準となり、バブル崩壊後最低額を更新した。

同社は30年を超える同調査の中で
“サラリーマンの小遣い額は日経平均株価に追随する傾向が見られる”
と分析。
過去最高額はバブル期の1990年の7万6000円だったが、バブル崩壊後は多少の増減が
あったものの、株価の低迷に比例するようにサラリーマンの小遣いもこの20年で約4万円の
ダウンしており、今年はついにバブル崩壊後最低額となった。

この結果について同社は、依然として続く先行きの不透明さや不安定さなどから
「実感として家計に安心感が戻っておらず、自分が受け取る年金への不安や、
より強くなる貯蓄性向など、昨年以上にお金の意識はシビアになっている事が伺える」と
コメント。




私の場合は サラリーマンじゃないけど 月々決まった役員報酬をいただいてます。

お小遣いは 表向き5万円。

ほぼ平均に近い数字ですが 社会の付き合いも多く

タバコは吸う、酒飲みなもんで 到底この金額じゃ足りません。

それでも週に ほぼ毎日 居酒屋なので飲食してます。

月にいくら つかってるのか わからないです


奥さんにばれない 副収入などが へそくりとして動いてるから(笑)

そりゃもう 涙ぐましい 所得隠ししてます


とある団体の年間報酬(源泉徴収済み)の分を手渡し現金で約30万。

消防団の報酬 隠し口座に 約6万。

その他の現金収入が 約10万。

株の配当と投資信託の配当で約15万。


年間隠し予算は 約50万です。

それを手元に現金でおいて いざと言うとき財布に忍ばせます


これを貯蓄に回せればいいのだけどね・・・

でも飲み歩きは 止められません 癖のもんですな・・・


おっさんの野球とバレーボール
みなさんは スポーツやってますか?

私はソフトバレーボールと軟式野球やってます。

どちらも 子供のころや学生時代にやってなかったスポーツ。

ソフトバレーは学校の会長したとき 地域の学校対抗で

大会があるため 選手集めから始めた経緯あります。

最初は全く 選手集めだけで 自分は見てるだけでしたが

練習の手伝いしていくうちに これが結構面白くなって

若いご父兄に混じって 毎週練習しまくり

大会では 3年連続優勝するチームまでなってました。

今は 学校とも縁がなくなり 別のチームに所属してやってます。


バレーの良さは、試合の間が少ない 激しいスポーツなので

ミスしても「ドンマイ」でタッチ。 攻撃決まってもハイタッチ!

野球なんかでは ミスしちゃうと打席や守備 またベンチで

考え込んで引きずってしまうことが よくあります。

ただ 試合が激しいのと 大会では何試合も続くので

最近は体力が ついていかないのが現状だけど


そして最近 毎週のように活動している草野球。

近所の居酒屋さんの常連客で 作ったチームなんですが

結成、もう10年以上。 滅多に勝つことのないヨワヨワチーム・

チームには 最高55歳 40歳代が主力のチームですが

とにかく みんな野球が好きで 練習試合 大会も含めて

最近では 少年野球並みに 試合をこなしています(笑)

秋には40歳以上だけの大会が あり猛特訓中。

私 今年 47歳 いつまで続けられるかわからないけど

とにかく 楽しいメンバーと いつまでも 元気で

野球が出来れば 最高だなって思ってます


仕事の合間に?
一応会社経営してるって言えば かっこいいけど

従業員は自分含めて 5人の零細企業。

社長といえども 汚れ仕事から事務関係まで 色々しないといけません。

今日は 土砂降りの雨だったけど どうしても納品しなきゃならないので

警報出る中 いってきました!

お陰で 上から下まで ずぶ濡れで でも無事終了~

午後からは パソコンでちょこちょこ仕事して

その合間に 今 はまってる アメーバーピグやってた お気楽社長。

うーん 事務員も 呆れてることだろう


アメーバーピグの中には 色々遊び場があるけど

私が よくするのは 大富豪ゲーム。


写真


実際 昔 友達や家族とやるのと ネットで対戦するのは違いますね。

家庭でトランプゲームってのは 相手の表情みながらだけど

ネット対戦は スピーディーで 瞬時に頭使います。

全自動麻雀で 旨い人たちが ぱぱっと やる感じに似てるかな。

相手の癖みたり 対戦する3人の関係で 勝負が大きく変わります。

私は 勝つ楽しさより ゲーム中にチャットする会話や

展開を楽しむ方です。

自分の癖も わかってくるけど どうしても切り方が偏ります。



色んな人がいます。 負けてぶちぎれて すぐ落ちやう人。

カード出し惜しみして 上位を守ろうとする人。

これは 顔の見えないネットゲームの特徴かと思います。

腹立ったら ワンクリックで その場 逃げれますからね。

でも 顔の見えないからこそ マナーを守るべきかと最近思うように

なりました。


自分がやり始めたころ 汚い言葉吐いたり きれて落ちたり

かなりマナー悪かったです。

だんだん 仲間が増えて 実際に忠告してくれる仲間が増えてから

自分も わかるようになってきました。

リアルでもネットでも やはり社会のマナー守れないと うまくいきません。

ありがたいのは 忠告してくれる仲間だと思ってます。

いつまでも この仲間たちと 楽しく遊べ ネット内で

コミュニケーションが 続くと 仕事の合間がより楽しい時間になります。










役 所 仕 事は 後手後手
今日も梅雨の末期なのか すごい雨と風です。

早朝から大雨洪水警報が発令となりました。

子供たちは警報出て喜んでるけれど こっちは仕事に邪魔な大雨・・・

消防の分団長もやってるので 警戒もしないといけない。

最近の雨の降り方は 全国的に短時間に降るゲリラ豪雨が

年々 その頻度が高くなってるように思います。

私の住む地域には 河川が氾濫するような大きな川は無いけど

元々田んぼに引くための水路が たくさんあります。

現在は 田んぼも減って 住宅地や果樹畑になっていて

大きな雨が降ると貯水機能の兼ねた 田んぼが減ってるせいで

水路から水が 溢れ出し床下浸水が度々おこります。

しかも 海に近いので潮の満潮と重なると あっという間に

水が水路や側溝から 溢れ出します。


毎回毎回 同じ場所で床下、床上浸水がおこります。

つい最近も消防団として 消防署から要請かかって出動しました。

またいつもの場所です。

出動召集されるときは すでに道路が冠水していて 拠点になる

格納器具置場にも やっとの思いで駆けつけるような状態。

どうして 大雨が降る予報中に出動出来ないのだろ。

そうすれば 土嚢をいち早く積んで 浸水が未然に防げるのにって

いつも いつも 情けない思いしています。

消防長にそのことを 訴えたのですが われわれも行政からの

命令で動いてるから 仕方ないとのこと。

確かに指揮系統は そうかもしれないけど

災害が大きくなる前に 判断してもらわないと住民は困るのです。


もっと不愉快なのは 命令を出す行政の建物が 大雨で

すぐ浸水するのです。

私の住む地域の防災拠点であり 避難所にもなる

最新の設備を施した 立派な建物。

その建物が 大雨で浸かるのです。

明らかに設計ミスで 建物をバリアフリーを意識するあまり

スロープ無しの建物で 度々事務所が浸水になります。

今後 くるかもしれない津波にも 対応出来るのか不安になってきました。


もっと想定を増やして どんな災害でも迅速に動ける

マニュアル作りをしてもらいたく 私は地域の代表として

折衝していこうと思ってます。

地域は地域で守る。 行政と自治が一体となって 人名と財産を

守っていかなければなりません。

子供のころ 大きくなったら○○になるとか そういう夢って

私には全く無かったなぁ。

どうして 無かったのかわからないけど

家が商売して その中で育ったから後継ぎだって意識があったのかも。

わりと臆病で人見知りして 野球好き少年だったのにクラブに誘われても

坊主が嫌とか 何か理由つけて断ってたっけ。

親父は高校まで野球してきて 長男の私には やってほしかったんだろな・・・

オヤジ 大人になって気がついたよ。


何で子供のとき 野球しなかったんだろって後悔。

でも今 草野球をこの歳でも喜んでやってる自分

少年時代 出来なかった分 楽しんでるよ。

死んだ親父 墓場で笑ってるだろうな。


子供の頃 夢が無かった私ですけど 最近は先でこうしたいって

事がいくつか 浮かぶようになってきたかな。


しかしあれこれ 考えても結局 資金が必要で無謀な借金は出来ないし

いつも立ち消えてしまう。

一応 法人経営なので無謀な借り入れも出来ない。

ああ お金さえあれば 思い切ったこと出来るのになって


そう思う中ある縁で アフェリエイトを学ぶこととなった。

本当に稼げるかは 自分の努力しだいだが 安定した所得が

得られるようになれば どうしてもやりたい事がある。


それは 不登校や 引きこもりで社会と断絶している人たちに

社会で生きていけるような 場を作りたいからだ。

自分の子供も そういうのがあって 親として苦労されられている


最初の頃は自分が逃げて奥さん任せで たまに子供に口を出せば大喧嘩。

色んな病院や施設も行き夫婦で悩み続けて もう5年。

見た目は障害者でも何でもない この子達を一般社会では

受け入れてくれる 認めてくれる わかってくれる居場所が全く無いことに気づいた。


だから 自分で資金作って 資金集めてやってやるよ。

お上任せだけじゃダメって ようやくわかったよ。

 




消防団
消防団ってご存知でしょうか?

市町村における非常勤の特別職地方公務員である。 基本的には非常備の消防機関であるが、山岳地帯、離島の一部など、常備の消防機関とされる消防本部及び消防署がない地域では常備消防を担っている。

通常は、他の職業等に就いている一般市民で団員が構成されており、自治体から装備および僅な報酬が支給される(報酬がない団も存在する)。その活動はボランティア精神で成り立っている。近年は女性団員が増えている反面、男性団員が減りつつある。2007年4月現在、日本における消防団員数は89万人余で、消防団数は2474団である。



全国各地にある消防団ですが 都市部では実態知られていないようです。

私は、22歳のとき 近所のおっちゃんと交代で入団しました。

意味さえもわからず

見渡せば 年上のおっちゃんばかり・・・

もちろん 火事や災害に出動は 何度もありましたが 

集まりあれば 酒飲む会


お酒の弱かった自分には 苦痛の集まりでした。

でも数年すると 自分と歳の近い人たちが入団してきて

仲間意識が強くなり 段々と楽しい集まりに変わってきました!


以来 もう24年 見渡せば一番の年功者になり

現在 部下73名の分団長になっていました。

そして 今年 古くなった消防車が やってきました!

ooo.jpg


市の消防署も うらやむ最新鋭車。お値段は1700万だとか

ボランティアに近い 消防団に こんな立派なのいるのかな?

そういう疑問も持ちつつ でも団員の士気は高まりました!!

使わないことに越したことは無いけれど やはり備えは必要ですものね


昨年の東日本大震災の津波被害以来 防災に関する基準が変わってきました

私の住む場所も 津波被害の危険性ある地域で

昨年の津波映像見て 市にライフジャケットの要請したところ

ようやく 予算がついて 団員全員分のライフジャケットが届きました。

写真


いざ 大地震で出動でも これをつてれば 何とか浮きますからね。

安全 安心とまでは いかなくても 無いよりはマシです。

この地域 近い将来地震と津波がやってくると言われて久しい地域。

私たちも備えは してますが 実際いつくるかわからないという恐怖と

戦ってるようなものです。


地域で縁の下で支える消防団員が 周りにいるってことだけ

知ってくれたら ありがたいです。



ブッダの言葉
今年に入ってから 「○○さんは 相手によって表情が変わりますね」

こう言われました。

しかも 年下で 滅多に会わない人に この言葉言われました。

なるほど 自分は 確かにそうかもしれない。

心では そうしてるつもり無いけど

顔の表情に 出やすいから この言葉を言われたんだな~

とくに 昨年から 嫌な思い 引きづってることあって

表情に笑顔すら 無い時期でした。


でも この年下の彼の言葉は 実にありがたかった!

自分を気づかせてくれたのだから。

帰り道にある 立ち寄った本屋さんで 一冊の本を立ち読み。


それが この本。

buddha-9bd04.jpg


実に読みやすい本で 心が折れそうで

相手を憎み いつか仕返ししてやろって気持ちの自分を

抑えてくれる内容でした。


自分の性格は 嫉妬深く 理不尽なことには

許せず 攻撃的になるタイプ。

こんな 自分の核心に 問いかけてくるような一言。

2500年前 すでに こういう教えを開いていた 仏陀は凄いと思う。

子供や 仕事にイライラしたとき この本を何度も読み返します。

読めば 不思議と 心がリフレッシュになり

考えを一から やり直す気分にしてくれます。


この本の中に 怒らないと言うテーマがあります

その中の抜粋で

仲間入りをしてはいけない最低の人間

 

 いつまでも恨みを忘れない人


 自分の欠点を隠そうとする人


 自分を実際より良く見せようと親切を押し付ける偽善者




 こういった人々は最低(いやしい)人間だと知っておき


 その仲間入りしないように。



こう書いてます。



これって・・・ 自分にあてはまることある・・ うわ 最低な人間だったんだ



社会や家庭において 少しでも 向上できるよう


自らが変わっていけるように気づかせてくれた 一冊です。










奉仕
最初に書きましたが 私 墓守長男です。


住んでる地域は都会でもなく ど田舎でもなく


でも周りには 今流行のお店なんぞ ない地域。


そんな土地で生まれ育って 親の事業を継承した関係で


地域の役割が たくさん回ってきます



20歳過ぎの頃 消防団に入団。


36歳で 自治会長(田舎なので100軒の集落ですが)


子供が小学校に在校中は PTA会長を2年間


PTA会長終わったら 市の補導員。


その他 もろもろ とにかく 商売してて長男でという


好条件がそろってる?せいで 色んなお役目 させてもらいました


どれも これも 最初は押し切られて 嫌々?渋々 お受けしたものばかり。


でも 活動していくなかで 良い事もありました。


それは 人との繋がりが たくさん持てたこと。


これは 人生の宝物になってます。



そして 今 ライオンズクラブという組織に入って


本当のボランティア活動を行っております。


ライオンズクラブとは 世界最大の奉仕団体で


本部は アメリカにあります。


所属するクラブによって 違いがありますが


私の場合 会費を含めて 年間30万くらい活動費にかかります。


お金を払ってまで 奉仕活動?って思うかも知れませんが


これが なかなか社会勉強に役立ってます。



ライオンズクラブって 結構知らない人が多いので


ブログを通して もっと世間の人に知ってもらえたら¨




ライオンズクラブの年度始めって7月なんです。


今年は幹事という大役いただきました。


幹事というのは 会長を影で支え クラブの運営をする係りでして


例会の司会や 事務局との折衝


でも私には この黒子役 ナンバーツ2の位置が


自分には適してるように思います。


一年間 縁の下の力持ちに徹して


実りある ライオンズ活動に なれば また自分が変わっていけるのだから。














縁結びの神様
昨日から取引先の研修と言う名の慰安旅行に参加してきました


知らない土地に出かけるのは大好きです。


家族の旅行や 付き合い旅行含めると 年間けっこう出かけてるです。



この慰安旅行 毎年バスで行くのですが


参加し始めて もう25年くらいになります。


ほとんどメンバー変わらないのですが 25年も参加してると


この旅行でしか会わない人が大半で でも楽しくて


家族旅行みたいな雰囲気にしてくれる仲間たちです


今年は島根県松江市方面で 今日は出雲大社に参拝してきましたよ!


写真.izumo


式内社(名神大)、出雲国一宮で、旧社格は官幣大社。現在は神社本庁包括に属する別表神社、宗教法人出雲大社教の宗祠。明治維新に伴う近代社格制度下において唯一「大社」を名乗る神社であった。

祭神は大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)。1142年(康治元年)在庁官人解状に「天下無双之大廈、国中第一之霊神」と記された[1]。

縁結びの神様としても知られ、神在月(神無月)には全国から八百万の神々が集まり[2]神議が行われる[3](神在祭 旧暦10月11日 - 17日)。正式名称は「いずもおおやしろ」であるが、一般には「いずもたいしゃ」と読まれる。二拝四拍手一拝の作法で拝礼する。



もう訪れるのは5回目くらいで新鮮味は ないけれど


言わずと知れた縁結びの神様で 神々が集う神聖な場所。


現在「出雲大社 平成の大遷宮」ってことで


60年に一度の大屋根の吹き替えなど


いたるところで 工事が行われてました。




ここ独特の 二礼 四拍手 一礼で 願い事と お礼の報告



既婚者の私は 良縁を求めてはいけないけれど


これからの 仕事を伸ばせる良縁と


奥様はじめ 縁をいただいてきた 人たちに感謝 感謝の参拝でした!




神聖な場所に行くと 心が表れますね♪


バスに揺られての旅行は 疲れもありますが


梅雨の晴れ間に 恵まれて 楽しい旅行でした!



美味しいもの いっぱい食べて 飲んで楽しんだ分


明日からの 溜まってる仕事に 頑張らないといけませんね


慣れないFC2との 戦いでもあります(笑)




はじめまして!
今日から ある事情で ブログに挑戦することにまりました。 


ひーくんと言います。


実は 数年前にYahooちゃんの方でPTAネタでブログ始めて 


全国の方々と絡んでた経験はあるんですけどね

100人の友 みんな元気かな?


勉強のためのブログなので とにかく今回は別の意味で新鮮です。


 

あくまでお勉強のためですけど 新たに記事書くことになりました。どうぞ よろしく


やるからには きちんとしたブログしていかなきゃだけど



簡単な自己紹介しますね。


もうすぐ47歳。 仕事は父の事業を引き継いだ 墓守長男 七光り社長であります


家族は 奥様と娘2人 それと母親の5人家族です。


父が数年前に亡くなり それからは女性4人の中に男が ポツン状態でいますす


自分の居場所が パソコンの中か 近所の居酒屋に逃げ込む だめ亭主(笑)



会社の経営は 苦しいってわけじゃないけれど不景気や時代の流れでジリ貧状態…



それなりに将来も色々考えて 今の仕事に力を与えてくれる何かを探す日々でした。


 
そんな時 ひょんな事から アフェリエイトを含めたネット商売を教えていただくことになり



ブログも開設することと なりました!


 
副業の記事にとらわれず 趣味のこと日々思ってることを つれづれと書いていくつもりです。


これといった 趣味は ありませんが


全てに人柄みの スポーツやお付き合いが好きなオヤジです♪


草野球、ソフトバレーボール。


運動するより あとの打ち上げが楽しくて


週に2回汗をかいております。


仕事は 住宅設備関係が主体の 何でも屋!


頼まれたら 嫌って言えない損な性格ですわ。。。



こんな オヤジでも将来のため 明るい未来のために


ハードルを越えて行かなきゃならないのです!


どうか 末永いお付き合い よろしくお願いいたします 

 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。